お世辞と人脈の重要性

どんな規模の会社であれ、必ず社内政治というものは存在します。面倒な敵を作らない為にも、社内のコミュニケーションはとても大切になってきます。どういった所に気を付けてコミュニケーションを取るのが良いのでしょうか。

有効なのは、上司や発言力がある人に対してへの「お世辞」です。
「お世辞はわざとらしくて何となく嫌だ」、という人もいますよね。ですが、人は褒められてイヤだと感じる人はほとんど居ません。「素敵ですね」とか「流石です」といった言葉を自然と言えるようになるだけで、相手から敵視される事が少なくなるのです。

また、会社で仕事を円滑に行う為には、何よりも人脈を強化する事が大切です。同期、同僚、後輩などの限られた範囲の人とばかり人間関係を築いていたら、いつまで経ってもその場で足踏みをしているだけと言えます。
確かに、話しやすい人とだけ仕事をするのであれば、楽しくて良いかもしれません。しかし、余計な社内政治に巻き込まれない為にも、もうちょっと上を目指して、色々な人との人脈を積極的に強化するようにしましょう。

人脈の強化には、社内の飲み会やイベントなど、プライベートな時間をある程度使うものにも積極的に参加するのが有効です。
といっても、別に無理して毎回出席して上司にお世辞を言う必要はありません。ある程度は出席して、数回に1回だけ断る、とする方が相手への印象が良いということを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です